お歳暮とお中元の違いとは?どっちを贈るべき?

立冬を過ぎて朝晩の冷え込みが厳しくなるとともに、お歳暮の時期が近づいてきました。
今回は、お世話になった方へ贈る「お歳暮」という日本の年の瀬の習慣についてご紹介いたします。

お中元とお歳暮について

お歳暮とは

お歳暮とは、今年1年間お世話になった人や会社などに、感謝の気持ちとして渡す贈り物のこと。
年の暮れに贈ることから、「年(歳)」「暮れ」「歳暮」という由来があるようです。

お歳暮を贈る時期は

お歳暮は年の暮れの習慣ですが、時期としては「12月1日〜12月20日頃」に贈ることが多いようです。
厳密にいうと地域によっても贈る時期に違いがあり、大きく分けると関東と関西でも違いがあります。

・関東:12月1日頃~12月20日頃
・関西:12月13日頃~12月20日頃

※時期は目安です。贈り先の地域によって異なるのでご注意ください

お歳暮のマナーとしては、12月31日までに届けば良いとされていますが、年末になると実家へ帰省したり旅行に出かけたりで受け取り不在になることも多いため、近年では11月下旬から早めに贈る準備を始める傾向にあるようです。

お中元とお歳暮の違いとは?どっちを贈るべき?

お歳暮は冬の贈り物ですが、夏にはお中元という贈り物の習慣があります。
贈る季節の時期的な違いもありますが、意味合いも少し違います。
どちらもお世話になった人や企業などに贈る物ですが、お歳暮は「感謝」「お礼」の贈り物なのに対して、お中元は「健康」を祈願する目的もあるようです。

お中元とお歳暮について

お中元とお歳暮を合わせて1年に2回贈る必要があるかと思われているかもしれませんが、両方贈らなくても失礼にはあたりません。
どちらか一方を贈る場合は、お中元ではなくお歳暮を優先させると良いとされています。
お中元が夏までの感謝に対して、お歳暮は1年間の感謝に当たるためです。

に/にクレープのギフト

に/にクレープ(にぶんのにクレープ)は、冷凍クレープなので夏のお中元時期にぴったり!
暑い季節に見た目も可愛いひんやりクレープはおすすめです。

お歳暮の時期は冬なので、冷凍クレープは避けられがちですが、冬の暖かい部屋で食べる甘いクレープも乙な食べ方ではないでしょうか。

にぶんのにクレープ

電子レンジの解凍具合で生地もモッチリお好みの柔らかさでお召し上がりいただけるので、こたつに入ってご友人やご家族と楽しむなんていう冬もおすすめです。

今年1年の感謝の感謝の気持ちを込めて、に/にクレープのお中元・お歳暮のギフトをぜひ贈ってみてはいかがでしょうか。

ヴァニーユ伯爵
冬にも甘いクレープを楽しんで欲しいのであ〜る!

▼お買い求めはこちらのCake.jpの通販サイトから
https://cake.jp/item/3396610/