ガレットとは?クレープとの違いは何?生地の原材料とは

クレープとガレットの違いって?生地は?

私たちが普段何気なく食べているクレープやガレット。
なんとなく似てるのはわかるけど、実際にどう違うのでしょうか?
そんな食にまつわる、知ってたら、どこかで役立つかもしれない豆知識をお届けします。

クレープとは?

クレープ

クレープはフランス発祥のお料理です。
生地に使われているのは、小麦粉で、バター、卵、砂糖なども使われています。
日本では、クリーム、アイス、フルーツなどなど様々な具が入っていますね。
本場フランスではもうちょっとシンプルでジャムで食べるのが一般的です。

ガレットとは?

ガレット

ガレットもクレープと同じくフランス発祥のお料理です。
生地に使われているのは、そば粉やとうもろこし粉です。
具には主にハム、チーズ、卵などが多いです。
お食事としてのイメージが強いですが、
フルーツ、生クリームを使ったスイーツとしてのガレットも存在します。

クレープとガレットの違いまとめ

クレープとガレットの違いは使われている生地にありました。
ちなみに先に誕生したのがガレットで、「薄くて丸い物」という意味を持ちます。
フランスのブルゴーニュ地方で高価な小麦粉が取れるようになり、
クレープが作られるようになったのです。

フルーツたっぷりのアイスクレープ

にぶんのにクレープ

に/に(にぶんのに)クレープの生地の小麦粉、バター、卵、砂糖、塩、牛乳の配分は本場フランスのお菓子作りの伝統的な製法で作られています。

生地の特徴はコシが強くて、モッチリとした食感を楽しめます。

冷凍クレープを電子レンジで24秒ほど温めると、半解凍でお召し上がりいただけます。
クレープにはかかせないトッピングも、イチゴ、バナナ、ショコラクリーム、マンゴー、宇治抹茶クリームなど全部で9種類の中からお選びいただけます。

▼詳しくはこちらのCake.jpの通販サイトをご覧ください。
https://cake.jp/item/3396610/

ヴァニーユ伯爵
知って美味しい豆知識なのであ~る!